もうすぐ還暦 50代主婦の毎日の記録です

【定年後のくらしにむけて】夫 1日に3食作ることの大変さにきづく

夫が定年したあとの暮らしを考えるときに とにかく 1番に 私が思ったことは、

まりこ

夫のお昼ごはんの準備をしたくない

ということでした。

朝ごはんと晩御飯は ともかく 今まで 前夜の残り物で簡単にすませていたお昼ごはんを毎日作るなんて 考えただけで ぞっとします。

本当に 夫源病になっちゃいます。

なので、テレビで 夫源病や定年後の暮らしについてやっているときに、機会を見ては 

まりこ

定年後に 毎日家にいて 朝ごはんを食べたと思ったら、お昼ごはんは何?とか聞かれたら 絶対にいやだ

と言い続けていました。

夫との二人きりの暮らしになることが見えてきた5年くらい前から ずっと言ってます。

おかげで、もともと 料理をする人ではあったのですが、お休みの日には料理をしてくれるいい旦那さまになりました(笑)

それが、ここのところ 休みの日は3食作ってくれるようになったんですねえ。

どういう風の吹き回しか 別に 私がプレッシャーかけたわけでもありませんが、朝昼晩と3食作ってくれます。

はじめの頃は 途中で 

片栗粉 どこ?

お肉 どれ使うん?

野菜 どうやって 切るん?

と頻繁に 2階にいる私を呼ぶので

まりこ

私がやったほうが早いのに

と思ったこともありました。

でも、最近は、ストック食材のあるところ分かってきたし、調味料や食材の場所をなるべく変えないようにして、変えたときには 夫に必ず伝えるようにしているので、2階からの呼び出しも随分減りました。

その夫が そのままの勢いで このお盆休みに突入したので 3食作らないといけないと思ったらしいです。

最初のうちは 頑張って作ってくれていましたが、途中で 

まりこ

疲れてきたかな?

と思ったときには、朝ごはんを買ってきたり 私が作ったりしましたが、基本的に夫が作ったんですね。

お盆休みも後半戦になると ネタ切れになってきたのか 単品メニューしか出てこなくなりました。

なので、お盆休みの後半は 夕食の写真がないんです。

まりこ

正直 これだけ?

と思わないこともなかったのですが、

もう 気力がなくなってきたんだと分かってきたので、そこは何もふれずに 黙っていただきました。

人が作ってくれるごはんに文句なんて つけれません😁

そして、お盆休みが終わって 2日目だったかな?

夫がいうではありませんか。

本当に 3食 ごはん 作るのって 大変!

朝ごはん食べたら すぐに 昼ごはんの準備をしなくてはいけないし。

それが、毎日なんて 無理だ!

まりこ

でも 子育てしてるときって それに 子どもの面倒も見るんよ

と言ったら、

主婦って 大変
世の中の奥さんは、えらい!

と 実感をこめて 言っていました。

今更感はありますが、実際に 自分でやってみることで 分かってくれたので、いいお盆休みになったと思います。

普通だと こういう長いお休みはどこかに出かけるので、少し日常とは違う過ごし方になりますが、

コロナのおかげで、買い物に行って、お墓参りをするくらいで ほとんど家で過ごしたので、より リアルに日々のことを分かってもらえました。

それにしても 夫が 

いやあ、本当に3食 作るって大変

といったときの様子を思い出すと その言い方があまりにもおかしくて、今でも笑っちゃいます。

まりこ

まあ、2人で なかよく 家事も分担して これからも のんびり暮らしましょうね。

↓↓↓↓↓
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる