もうすぐ還暦 50代主婦の毎日の記録です

ふるさと納税の控除がされてるか確認したら、限度額を超えてしまってた

夫が 6月の給料明細と一緒に 今年度の「給与所得者に係る市民税・県民税特別徴収額の決定通知書」要は、住民税の決定通知書を持って帰ってきました。

昨年 平成30年度は、初めて ふるさと納税にチャレンジして、確定申告もしたので きちんと 住民税の控除が反映されてるか 心配だったのです。

きちんと 確認しないと 役所のミスで 反映されていないこともあるらしいので、この日を待っていました。

控除されていたら、今年もふるさと納税をしようと思って、まだ 今年は ふるさと納税していなかったんです。

決定通知書の市民税と県民税の税額控除の額を足して、

2月に振り込まれた「国税還付金振込通知書」の還付金を足したものが、

ふるさと納税した金額から2000円引いたものとあえば、限度額いっぱいまで、ふるさと納税したことになるはずなのですが、

まりこ

何か 少ない?

はい、やってしまいました。

ふるさと納税した額の方が 限度額より5000円多かったのです。

つまり 5000円分 純粋に寄付したということです。

まりこ

ふるさと納税のいろいろなサイトで、限度額を計算して、抜かりはなかったはずなのに、どういうこと?

よく 考えたら、平成29年度の所得で、計算してました。

本当は、平成30年度の所得で計算しなければいけなかったのに。

平成29年度は、夫の会社の業績がよかったらしくて、いつもより収入が多かったのをすっかり忘れてました。

まあ、でも 限度額を超えた分で、いただいた返礼品のことを考えると 損はしていないかも(^^;)

つまり 7000円で あれだけの返礼品を頂けるのなら、政府がいろいろ言っていますが、「ふるさと納税」は、やっぱりお得ですね。

こちらのうなぎは、美味しくて 昨年 夫が気に入って リピしました。

今年も そろそろ 申し込むつもりです。

うなぎって、スーパーで買うと お値段は高いし、美味しくないしで ここ数年 土用の丑の日にも ウナギが食卓にのぼることはありませんでしたが、ふるさと納税のおかげで、美味しいウナギを食べることができます。

まりこ

サラリーマンにとって、本当にありがたい制度です!

年金暮らしになったら、収入が減って、ふるさと納税の恩恵を受けることはできなくなってしまうので、今のうちに 楽しませてもらうことにしよう!

あわせて読みたい
一藤のもつ鍋をもう1度食べたくて、ふるさと納税で取り寄せしました。 9月に行った福岡旅行で、「一藤」さんのもつ鍋を食べて、すごく気に入ったので、お取り寄せしようとネットで調べていたら、何と 「一藤さん」のもつ鍋がふるさと納税の...

↓↓↓↓↓
よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる