もうすぐ還暦 50代主婦の毎日の記録です

人生初の胃カメラ〜思ったよりも楽だったけどできれば受けたくないですね。

7月の終わりに人間ドックを受けてきました。

前回の人間ドックで 

慢性胃炎があるので、次回の検診には胃カメラをおすすめします

と結果にあったので、今回はバリウムではなくて胃カメラを選択しました。

胃カメラって 麻酔を使うので、病院に車で行けないのがネックで今まで受けたことがなかったのですが、慢性胃炎があるなら、受けるしかありません。

還暦も近くなると 体にもあちらこちらにがたがくるので、いろいろな検査を受けてきたけど、初めての検査は緊張します。

人間ドックそのものは、何回か行っている慣れた病院だし いつものようにスムーズに進んでいきます。

コロナ対策で 受入人数を減らしているのかいつもより検診を受ける人は少なめだった気がします。

病院に行くのも控えている人も多いのかもしれませんけど。

全部の検査を終えて、最後が胃カメラの検査でした。

この病院は、経口か経鼻かどちらかを選べたので 鼻からの検査を希望しました。

「鼻が通りやすいのはどちらですか?」

と聞かれたので 

右でお願いしました。

「右の鼻でトライして、だめなら左の鼻 それでだめなら口からの検査となります。」

と説明されて、

まりこ

えっ、入らないことがあるの?

と急に不安になりました。

鼻からの検査って すごく簡単で痛くないイメージがあったけど、どうもそうでもないらしいと気づきました。

それから、

「胃カメラを入れる前に 準備をします。」

と看護婦さんに言われて、ますます緊張感が高まります。

鼻を通りを良くする薬?を3回 鼻に入れられ、

その後に 麻酔を同じく3回。

最後に 胃の中をきれいにする薬を飲みました。

麻酔が効いてきたら、のどが詰まった感じがしてきます。

「唾液が出てきたら 飲み込まずに ティッシュで取ってください。」と言われました。

麻酔が効いているので 飲み込むと飲み込めずにむせるそうです。

検査自体は、15分くらいで 右の鼻からカメラを入れることができて 無事に終了しました。

鼻をカメラが通るときに 少し 痛い気がしたけど、痛くて我慢できないほどではありませんでした。

検査の後 写真を見ながら先生の説明を受けました。

いやあ、自分の胃の中の写真を見るのは初めてです。

まりこ

少し 胃が荒れてるけど、そんなに大した症状でなくて ほっとしました。

とりあえず ピロリ菌の検査もお願いして 人生初の胃カメラの検査が終わりました。

うーん、来年 バリウムとどっちがいいかと聞かれたら 微妙です(笑)

でも、バリウムでひっかかって、再検査で胃カメラを飲むのなら、最初から胃カメラの方がいいかも?

胃カメラの検査後は、1時間は麻酔が効いているので 食事ができないということでした。

お腹が空いてるのに、すぐに食事ができないのは辛かった。

食事の後で買い物をするつもりでしたが、先に買い物をすませて やっと念願のランチをいただきました。

外食するのも久しぶりだし、1人で外食するのも久しぶり!

人間ドックが終わって ほっとしたのもあって、ぺろっと食べてしまいました。

夕御飯に デパ地下で 「うまいっ手羽」を10本買って帰りました。

これ、夫が大好きだけど 買いに行っても売り切れのことが多いのですが、無事にゲットできました。

↓↓↓↓↓
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる