もうすぐ還暦 50代主婦の毎日の記録です

マイナポイントに心 ゆれるこの頃

 テレビを見てると やたらとマイナポイントのCMが目に付きます。

こんなのとか

こんなのですね。

舘ひろしさんがCMをしているのに 驚きました。

昔のイメージとは違って、優しいおじいさんのイメージになってますね。

マイナポイント事業
マイナポイント事業
マイナポイント事業「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とす...

要は、マイナンバーカードを作って、マイナポイントをもらいましょうということなんですが。

調べてみたら、マイナンバーカードを作るのって、意外とハードルが高いです。

目次

まず 申請方法は、次の4つ

1)スマートフォンによる申請

2)パソコンによる申請

3)まちなかの証明写真機からの申請

4)郵便による申請

交付通知書(はがき)が自宅に届く

申請した後は、概ね1か月で市区町村で、交付通知書(はがき)がご自宅に届く。

本人確認書類を持って、交付通知書(はがき)に記載された期限までに交付場所へ本人が取りに行く。

※ 本人確認書類とは

住民基本台帳カード(写真付きに限る。)・運転免許証・運転経歴証明書(交付が平成24年4月1日以降のものに限る)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書のうち1点

②これらをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され市区町村長が適当と認める2点

(例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、医療受給者証

免許証やパスポートを持っている人は簡単だけど、それがない人は 保険証や年金手帳など2つの本人確認書類がひつようということになります。

ご高齢の方だと 免許証やパスポートを持っていない人も多いでしょうね。

本人確認書類を揃えるところで つまづく人も多いだろうなあ。

交付窓口で本人確認の上、暗証番号を設定後に交付

また、この暗証番号が4種類もあります。

署名用電子証明書英数字6 文字以上 16 文字以下で設定できます。
英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までが利用でき、いずれも1つ以上が必要です。
利用者証明用電子証明書
住民基本台帳
券面事項入力補助用
数字 4桁
同じ暗証番号を設定することもできます
まりこ

ここまでで、やーと マイナンバーカードを手に入れることが出来ます。

そこから 更に マイナポイントの予約をして、マイナポイントをもらうサービスを決めて 紐付けるってことですね。

マイナポイントの予約完了
(マイキーIDの発行)

マイナポイントをもらう
決済サービスを検索

5000円分のポイントをもらうまで 手続きが多すぎる

TVで CM見てた夫が

これって、簡単なん?

というのですが、

簡単といえば簡単だし 簡単でないといえば簡単でない。

私や夫は、比較的 パソコンやスマホを日常的に使っているので 大丈夫だと思いますが、たぶん 実家の母には無理だと思います。

暗証番号の意味も分からないし、入力自体 ハードルが高い。

高齢の方が、マイナンバーカードを作るのは大変そうです。

私達夫婦は、とりあえず 今はマイナンバーカードを作る予定はありません。

確定申告しなければならない個人事業主でもないので、e-Taxも使いませんし、

公的身分証明としても、免許証があるので、困りません。

どうしても 国に何もかも管理されるような気もちになってしまうので。

実際 私達のような人が多いらしくて マイナンバーカードの普及率は 20%弱らしい。

マイナポイントに上乗せして 独自の特典をつける業者がでてきた

でも、マイナポイントの事業者が独自で 国が付与する最大5000円分のマイナポイントに上乗せする特典をつけている業者があるんです。

たとえば 

イオン

waon特典で、最大2000ポイント分のwaonがもらえます。

広島のスーパーだと 

イズミ

イズミもイオンと同額最大2000円分のポイントがもらえます。

マイナンバーカードを作るつもりはないんだけど、

1人 5000円分+2000円分 → 1人7000円分

で、夫と2人だと 7000円分×2 → 14000円分

マイナンバーカードを作るだけで、14000円分のポイントがもらえるのだったら、ちょっと考えちゃいますね。

まりこ

ちょっと 心がゆれているまりこでした。

↓↓↓↓↓
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる